繁忙期終了!自分へのご褒美どうする?

会計士業界は、4月~5月が超繁忙期。
5月の中旬となると、「繁忙期ももう少し!」。6月には少し長期のお休みを取得される方も多いのではないでしょうか。

ようやく監査繁忙期や決算繁忙期が終わったとき、頑張った自分にご褒美をあげたいですよね。そこで、自分へのご褒美の例として5つ挙げてみます。

①旅行に行く

繁忙期を過ぎると長期休暇が取れることが多いため、海外旅行へ行くと、普段と違う文化や自然に触れることでリフレッシュできますね。
また、国内旅行でゆったりとした時間を使うことも良いでしょう。調べてみると意外にも行ったことのない観光名所が多くあるかもしれません

②美味しいものを食べる

美味しいものをおなか一杯食べたら頑張ってよかった!と思えますよね。そこで、普段行かないような特別なお店に行ってみるのはいかがでしょうか。
例えば、友人と会話を楽しみながらホテルのアフタヌーンティーで優雅な雰囲気を味わったり、普段は高くて行けないような美味しい一流の料理を食べに行くのも良いかもしれません。
お店は予め口コミサイトで調べてみたり、友人にお勧めを聞いておくと楽しみになりますね。

③エステや美容院に行く

美容にお金をかけることは、女性ならではのご褒美ですね。美顔エステに行ったり、美容院でのヘッドスパや岩盤浴などに行くと、リラックスできますよ。繁忙期で疲れた身や心が癒されるのではないでしょうか。

④服やバッグを買う

ご褒美に普段良く使用する服やバッグなど、アイテムを買うと気分転換になるのではないでしょうか。お気に入りのものは手に取るたびに嬉しくなりますね。

⑤趣味に没頭する

自分の好きなことや価値を置いていることにお金を使うことは、自分へのご褒美になりますよね。
例えば、スポーツが好きな方はスポーツ観戦に行ったりするのも楽しいですね。普段料理が好きな方は料理教室に通って新しいレシピを覚えてみるのも良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
日頃からどんなご褒美をしようか考えておくと繁忙期の仕事も頑張れそうですね。
是非参考にしてみてください。

ライフスタイルに合わせたお仕事をお探しの女性会計士の方へ

「女性会計士.job」は、ライフワークバランスの実現を目的とした、女性公認会計士のための求人サイトです。趣味や家庭・育児と仕事との両立を目指す女性公認会計士向けに、例えば週2日、また1日5時間といったパートタイム、在宅勤務などの勤務形態、仕事内容も経理や内部統制コンサルなど多岐に渡った、自由なワークスタイルをご提案します。